サプリメントの販売店と天然成分の商品

サプリメントの広告では、原材料が天然成分であることを売りにして販売していることが多いようです。化学合成によってつくられたものではなく、自然界に存在する動植物からつくられたものを、天然成分のサプリメントといいます。

サプリメントの素材には、天然成分の多いものもあれば、合成成分でつくられたサプリメントもありますので、どの商品がいいかを見極めることです。例えば、サプリメントの中でもビタミンCサプリメントは多くの人が常用しています。ビタミンCは柑橘系の果物に多いため、果物が材料ではないかと考えている人もいます。ですが、ビタミンCは熱に弱いという性質がありますので、果物をサプリメントにするには低音処理が必要です。それができる機械が存在しないわけではないですか、設備投資やその様々な点でお金がかかり、どうしても価格設定が高くなります。原材料にトウモロコシを使い、ここに合成成分を加えることでビタミンCサプリメントを製造するというやり方があります。天然成分100%のサプリメントよりも、やすい金額で採算がとれます。広告では天然成分のサプリメントという言いまわしをしていても、実際のところはそうとも言えないというサプリメントも、存在しているようです。天然成分が本当に使われているかを確認する方法として、原料表示を見るというものがあります。レモンやアセロラなど、自然界に存在しているものが原材料になっていれば、天然成分のサプリメントです。一方、合成成分を原材料にしているサプリメントの場合は、原材料欄にそのままビタミンCと書かれています。これが最もシンプルな、天然か、合成かの判断の仕方です。ただし、販売会社によっては、必ずしもこの見極め方が成立しないこともあります。店員に尋ねてみたり、電話やホームページで製造メーカーに聞いてみるという手段もあるでしょう。体内に栄養成分を吸収する効率を考えた場合、合成成分のほうが、天然成分よりも低くなるといいます。
コラリッチオールインワン 効果