ビットコイン(仮想通貨)でよく耳にする「トークン」とは?

トークンとは、暗号資産(仮想通貨)プラットフォームのシステムを間借りする形で存在する通貨のことをいい、独自のブロックチェーンを持たない通貨のことです。
簡単に言うと、企業が独自に発行しているポイントなどと言うとわかりやすいかと思います。

一般的には資金調達を希望する企業などが、独自の暗号資産(仮想通貨)であるトークンを発行や販売を行い資金調達する手段としてICO(イニシャル・コイン・オファリング)を通じて発行します。

暗号資産(仮想通貨)プラットフォームとトークンの大きな違いとは?
・カレンシータイプ
仮想通貨の代表的であるビットコインやイーサリアムなどはカレンシータイプの暗号資産(仮想通貨)です。カレンシータイプは、予め通貨の総量や供給量が決められております。
・トークンはアセットタイプ
トークンは「アセットタイプ」に属する暗号資産(仮想通貨)で、発行者が存在し、中央集権的で発行枚数などを自由に決めることができます。

https://kimagure5858.seesaa.net/article/479711046.html