結露対策の簡単リフォーム

マンションに住んでいる人の悩みでよく聞かれるのが、冬に窓などが水滴でびしょびしょになってしまう結露です。
壁紙リフォームをしたら、壁紙の裏が真っ黒なカビでだらけになっていた、というケースもあるようです。

寒い冬は、外の冷たい空気を入れないために窓を閉め切り、部屋の中は暖房器具を使用するので、湿気がこもりやすくなります。
そんな温度が高く湿気の多い室内の空気と、外の冷たい空気に冷やされた窓との温度差は大きので、どうしても水滴となって窓に結露を発生させてしまうのです。
特に、マンションの場合は、気密性が高い構造になっているので、結露が起こりやすくなります。

つまり、結露対策としては、基本的に、窓ガラスや窓枠、壁を冷やさなければ結露を防ぐことができるのです。
そのため、結露で困っている場合は、窓などの断熱性能を高めるリフォームを行うことをおすすめします。

マンションの結露対策のリフォームには、内窓を取り付けるのが効果的です。
もともとある窓と、新たに内側に取り付けた窓の間に、室内と外とをしっかり隔てて空気層が作られるので、断熱効果が高まり、暖かい空気が冷たい窓に触れることを避けられるのです。
内窓を取り付けるリフォームは、1か所2時間程度でできます。

結露対策を壁に行うには、断熱材をコンクリート面の内側に施工すれば、室内の壁が外気で冷やされなくなります。
リフォーム工事としては、ボード状の断熱材を施工したり、発砲ウレタン断熱材を吹き付けたりする方法があります。
ただ、断熱材を施工する分壁が厚くなるので、室内が少し狭くなることもあるので、家具の寸法など施工前にしっかりと確認してください。

また、特に気密性の高いマンションでは、外気に面した窓や壁だけでなく、暖房で温かくしている部屋と、暖房器具を何もつけていない部屋では温度差が大きく、その間の間仕切りにも結露が発生することがあります。
結露が発生しやすいのは、風の通りが悪いクローゼットや押入れなどの収納家具の中やキッチンの隅、温度差の大きい出窓などの部分です。
壁紙の継ぎ目が黒くなっていたり、カウンター部分が腐食していたら、結露が原因かもしれません。

さらに、マンションの結露対策は、断熱性能だけでなく、風通しの工夫も大切です。
例えば、外気の影響を受けやすい北側の壁面には収納や家具を置かないようにしましょう。
特に、ベッドを北側の壁面に接して設置すると、結露に加えて人の汗による湿気で、カビが発生しやすい環境を作ってしまいます。
換気扇を24時間動かしておいたり、小型サーキュレーターで空気を循環させたり、間仕切りに窓を取り付けて風を通りやすくしたりすると良いでしょう。
クローゼットや押入れなどに入っている衣類や布団をカビから守るには、湿気をためないように、収納の扉を定期的に開けるなどの工夫をしましょう。
外壁塗装平野区のぞみリフォーム