不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

たくさんの食物繊維サプリンメントの中から、どんなものを選択するべきなのでしょう。食物繊維の中には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維と呼ばれるものが存在します。不溶性食物繊維は水に溶けにくいので、体内の水分を吸収し、何倍にも膨れ上がります。このような特性によって、便量を増やしてくれるため、腸を刺激するので排泄をスムーズにします。腸に悪影響を及ぼす悪玉菌も一緒に排出してくれるので、腸内環境を正常に保つ効果も期待できます。不溶性食物繊維には、穀物の皮や野菜から抽出されるセルロース、豆類やココアに含まれているリグニン、甲殻類の殻に豊富なキチンなどがあります。どの不溶性食物繊維も、1日の必要摂取量が多いものなので、サプリメントを利用して摂取すると良いでしょう。消化器官の液を粘つかせる役割を担っているのが水溶性食物繊維で、水に溶けやすい食物繊維だといえます。糖の吸収やコレステロール値の上昇を緩やかにするので、体内環境の改善に効果を発揮します。さらに、水溶性食物繊維はジェル状に変化した場合、善玉菌の餌となりますので、腸を整える成分としてもすばらしいものです。水溶性食物繊維には、果物に含まれるペクチンやコンニャクに多いグルコマンナンなどがあります。これらの成分が記載されているサプリメントの選択をおすすめします。サプリメントを便秘を解消させるために摂取する場合は、不溶性食物繊維や水溶性食物繊などの食物繊維が併合されているものを服用するのが良いのですが、それが厳しいようであれば、食物繊維サプリメントをそれぞれ併用して摂取するのがおすすめです。おもちゃレンタル