ニキビ対策方法

私が悩んでいたのは、ニキビが出来たり角栓が目立つということでした。カバー力の高いファンデーションを使用すると、今度はスッピンとの差が激しくなりがっかりするので、もともとの肌をきれいにしたいと思っていました。

私が実践したスキンケア方法は、化粧水をコットンに含ませて使うということです。
手で化粧水をなじませると、あっさり終わらせてしまいますが、コットンを使うとしっかり顔の隅々まで化粧水を行き渡らせることができます。 私が、化粧水をコットンに含ませて使う方法を実践してどうだったかというと、肌のトラブルが劇的に減りました。

例えば、小鼻の白いプツプツとした角栓が目立たなくなり、顎周りのニキビも出来にくくなりました。また、眉間の、乾燥によるガサガサもなくなり、全体的に顔がしっとりとなりました。おかげで、ファンデーションを塗ってもさらりとしてくれています。 化粧しをコットンに含ませて使う方法をおすすめしたい人は、乾燥肌の人や、ニキビの出来やすい人です。ただ、化粧水があまりとろみがありすぎるものを使っている方は、コットンを使うよりは手の方が馴染みやすいかもしれません。 肌のトラブルは乾燥が原因のことが多いと思います。肌がベタベタするタイプの人も化粧水を少なめに、と思うかもしれませんが、しっかり肌に化粧水を入れてあげることは大切です。コットンを買って来るだけで、いつもの化粧水を惜しまずたっぷり含ませてつけるだけでよいので、すぐに実践できてコスパ抜群でオススメです。

メルティーヴィーナス 口コミ